菅清風写真

京都北白川で作られるガラスペンは、千二百度の炎と戦いながら、 一品一品正確な手作業で焼成しています。 硬質硝子を幾重にも重ね、宝石のような美しさを醸し出しながら、 サラサラ・・と表現される滑らかで独特の書き味を実現しました。

ガラスペンは明治三十五年に日本で開発され、その後海外にも輸出され世界中で愛されています。

その当時はペン先にカゼイン樹脂(ラクト)という比較的硬度のあるガラスに似たものが使われ、軸には竹などが使われていました。 筆記具として重宝され完成度も高いレベルにあったのですが、樹脂である以上ペン先の摩耗や破損からメンテナンスや買い替えが必要でした。

そこで菅清風は樹脂や一般的なガラスよりも硬く強度もある硬質硝子にこだわり、耐久性がありながらも書き心地の良い硬質ガラスペンの開発に挑みました。
長年研究に研究を重ねた結果、ついに1996年に世界で初めてペン先から軸まで全てが硬質硝子製のガラスペンが完成したのです。

また、「平和な世界を目指して活躍する人たちを応援したい。」 という従来からの言葉通り 、政治家、学者、教授の先生方に 「平和のためにがんばってください」と、ガラスペンをお贈りする活動を今でも続けています。